プロフェッショナルシリーズについて機能紹介価格サポートQ&A診断テスト&体験版プレゼントデモブース

プロフェッショナルシリーズ TOP > 業界別活用法 > 飲料

飲料

飲料はメーカーに近いほどパレット物流となります。
パレットで入荷され、パレットで出荷されます。

小売に出荷する場合はケース出荷もあります。
もっと細かい場合はバラ出荷があるでしょう。

また、賞味期限管理も重要です。
そこでパレット物流の場合、パレットに1枚、JANコード+賞味期限を盛り込んだQRコードを貼って管理します。

これによりトラックから降ろされた時や、積み込む際にハンディターミナルで効率的に入力できます。

パレット入荷→ケース出荷の場合は、荷姿はケースで変わりません。
出荷時の賞味期限をテンキーで入力するか、パレットラベルをスキャンして入力します。

ケース入荷→バラ出荷の場合は、荷姿の単位が「ケース」から「本」に変わります。
「120ケース」と「4本」といった管理をしたい場合には、荷姿変更の処理が必要が必要です。
1ケース→6本に変更し、バラで出荷します。
この処理が嫌で内部的には全てバラ換算されている現場もあります。

この様に飲料の場合、賞味期限やロットをどの様に効率的に管理するか荷姿をどうやって管理するのかポイントです。
在庫スイートでは、QRコード現品票賞味期限管理荷姿管理に対応。
飲料管理に柔軟に管理します。

このページの先頭へ